ヘアサロン店内写真
ヘアサロン店内写真
もっと髪をキレイにしよう ~美容室カラーとホームカラーの違い~
こんにちは!ケミカルマイスターの渡辺です。ケミカルマイスターとは髪のお医者さんみたいなものです。

これから髪の悩みやよく頂く質問、髪をキレイにするチョットしたコツなどを書いて行きたい思います。

参考にして頂いたら幸いです。


第4回は~美容室カラーと市販カラーの違い~


よくお客様から「サロンカラーと市販カラーの違いはなんですか?」と聞かれる事があります。

市販カラーのメリットは安い!!だいぶ安いですねー!

ただ・・・・

市販カラーを簡単に言うと「誰でも染まるから市販できる」という事。

そして誰でも染まるという事はカラー剤パワーは最大という事なんです。

髪質はもちろん1人1人違います。

太い毛の人、細い毛の人、パーマをしている人、乾燥している人など様々です

ですが市販のカラーは誰でも染まる。

ということは……

「髪質を無視して染める力を持っている」

ということは・・・・・

髪や頭皮への負担、ダメージがとてもあります。

ちなみに誰でも染まると言うのはただ色が入る事です。誰でもキレイに染まるとはちょっと違いますね。

美容室では根元と毛先では薬も違い、薬を塗ってから放置する時間も髪質によって様々。

乾いている状態か濡らして塗るかなどの差もつけます。


他の違いは美容室でのカラーって独特の刺激臭が気になりますよね!

あのツンとした臭いです。

美容室のカラーは髪や皮膚へのダメージを抑えるために揮発性(自然に蒸発する)の

アルカリ剤を使っています。

そのため臭いは感じるけれど髪に残りにくいという効果があります。

市販のカラーはこのツンとした臭いを解消するための臭いの少ない薬がメイン!

臭いは少ないのですがアルカリが蒸発せず、髪や頭皮のダメージにつながってしまうのです。

…結果として、退色が激しく、キューティクルは摩擦によって剥離し、パサパサ・ゴワゴワになってしまいます。

要はアルカリは残留しない事が一番です。

ちなみにサロンカラーの独特な臭いも一時的なものなんです。

もう一つの違いは幅広いカラーバリエーション。

お客様の肌色や髪質にあった色味を提案できる完全オーダーメイド!

200種類以上のカラー剤からお客様にピッタリのお客様だけのカラーをさせて頂きます。

長くなりましたが何を言いたいかというと・・・美容室カラーってスゴく良いのです!!
f0156629_18435721.jpg





ヒップスアイズはLINEでも、お得情報を配信中!
携帯からご覧の方は、下記“友達追加ボタン”を
ポチっとな!!


友だち追加数


QRコードからも登録できますよー♪
ヨロシクお願いしますヽ(*´∀`)ノ
f0156629_15234415.png

by hips_eyes | 2014-03-10 16:33 | eyes news
<< 4月のお休み♪ ケラスターゼから新商品DEBUT! >>